ホーム   »  2011年06月
Archive | 2011年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月25日 EUR USD 来週前半(27日・28日)も 1.4200注目

〔ユーロ ポンド 傾向〕

意識された2つの軸 抵抗ライン

EUR/USD 1.4200
GBP/USD 1.6000

上記2つの軸に来週どう絡んでいくかが焦点です。
金曜日は 2つの軸を意識する動きが日中で見られました。
大きく動かない限り 来週前半もこの価格を意識したやり取りが継続する可能性あります。

625.jpg



〔ドル円 傾向対策〕

夜間安から 午前中 仲値10:00 に高値をだす傾向が継続しています。
8時9時あたりに高値をつける場合もありますが 10:00前後 までは、実需によるドル不足からか高値を取りに行く傾向あります。仲値を抜けていく場合は、強い何かしらのインパクト発生の可能性あります。
仲値あたりにストップを置いて10時以降売り込むトレーダーもいるかもしれませんのでストップロスの巻き込まれ等には注意必要ですが 仲値を一つの軸として考えるトレードが日本時間中には有効。それなりの動きしかありませんが、ドル円の日中の動きをとりにいくのはお勧めできません。中期 長期では 漠然とドル高にシフトしていく見方優勢ですが、そういうトレンドに入ったとはまだ言えません。

ただ ドルとスイスフランの関係には、注目しています。<日足 一目 転換線>を超えた段階では、ドル円も強くなってくる傾向が見られます。細かい言及は避けますが、観察してみてください。

総合するに、スイングで買いで入る場合は ドルスイス 日足 一目 転換線超えを 確認後 かつ 夜間のタイミングということです。※日中は動かなかったりやはり わけのわからないリアクション相場傾向ですので、スイングで入るのが良。
また、ドルスイス 日足一目転換線下では、ポジションをはずしておくということです。なんとなく頭において観察してみてください。<現状 転換線下です。>


メディア報道は 価格観察が多いですが、価格観察のみではなく時間観察も試みてください。リスク低減になります。わけのわからない報道?誘導?には目をくれず チャートをしっかり見る。前兆なりなんなり必ずチャートに現れます。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Blackflag

Author:Blackflag
trader,Tokyo,JAPAN

twitter
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。