ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  テクニカル指標 基本と 自己戦略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカル指標 基本と 自己戦略

テクニカル指標の基本中の基本で絶対に習得しておかなければならないこと。

多くの指標があるという事実が何を意味しているか。
どれも絶対的に有効ではないという事実。


有効なものがあれば、一つで事足りる。

もっとも大切なことは、各指標と自らがどう向き合うか

単純にエントリーといっても 資金量の何パーセントで どれだけのレバレッジをかけるか。
また、分散してレバレッジをかけていくか。打診買いとして入るか。ナンピンを行い下値も拾っていくのか。
ロスカットをおくか。置かないか。ロスカットの基準はどうするか。
利益が出ている場合に、載せていくのか。などなど。

エントリーよりも その後の対応が勝敗を分けることも 多々ある。
どういった想定が、頭に描けているだろうか。そこが問題。


スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Blackflag

Author:Blackflag
trader,Tokyo,JAPAN

twitter
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。